特定労働者派遣事業の届出・申請 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県 対応

特定労働者派遣事業の許可と届出代行~東京都

東京都の特定労働者派遣事業の許可。届出書の作成・提出の代行。労働保険・社会保険の加入・相談。東京都中央区日本橋。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  面談予約 |  特定商取引法に基づく表記

既存の会社の目的を変更して特定派遣業を行うには

特定労働者派遣事業を始めるためには、現在の会社の定款の目的事項に「労働者派遣事業」若しくは、 派遣事業などの項目が記載されている必要があります。

 

もし、現在の定款に記載されていない場合、定款を変更して、法務局へ登記した後に、特定派遣の届出を行う必要があります。

 

定款を変更するには、以下の手続きが必要になります。

1、株主総会を開催して、定款目的変更を議決します。その議決の記載のある株主総会議事録を作成します。 ⇒ これで定款変更は完了です。
設立時の公証人の認証を受けた原始定款に議事録を添付します。

2、法務局に 株式会社の目的変更登記申請をします。費用は、登録免許税の3万円です。

 

なを、現在の会社が社会保険・雇用保険に加入していない場合、特定派遣の認可がされませんので、お気をつけ下さい。